あっという間に2月になりましたね。

月日が経つのがものすごい早い・・・

『 忙しい 』 = 『 充実している 』

本当に幸せなことです。

皆様は充実してますか??


この前ニュースを見ていたら

安倍首相と岡田代表の討論の中で 『 悪魔の証明 』 という

言葉が出てきて少し面白かったので

今日は 『 悪魔の証明 』 について少し書きたいと思います。


私、最近、理学療法をしながら 科学的 ってなんだろうとふと思うことが多くて。

科学的な理学療法とか、Evidence based Physical Therapyとか・・・

もちろん Evidence を追求する姿勢は確実に必要だと思います。

学問として積み上げるためには多過ぎるから無理と諦めるのではなく、

ひとつずつ確認していく。

この作業は間違いなく必要です。


「科学 science」 の定義を見てみると

一定の目的・方法のもとに種々の事象を研究する認識活動。

また、その成果としての体系的知識。


一定の目的って何? あわよくば研究する人にとって都合の良い解釈?

有意水準5%・・・100人に5人・・・

理学療法士10万人の内、5000人が違うということは無視する?笑

・・・これはちょっと屁理屈というか

ケチつけているだけになってしまうので置いておいて。


『事象』 を研究することと書かれているが、

理学療法においてこの事象自体があいまいな部分が多過ぎるような気がする。


セラピストAは 患者さんの関節可動域が制限されていると言う。

セラピストBは 制限されていないと言う。

角度計を当てて測ってセラピストBはほらっ〇〇度あるやんと。

しかしセラピストAは左右の同じ部分を並べて明らかに違っていると言う。

評価の曖昧性については以前も書いたが、

⇒ 理学療法評価の難しさ

見た目で左右差があるように見えているが本当に左右差があるのか、

また角度計で測った角度が本当にあっているのか、

つまり 「実際に左右差がある・ない」 という

事象自体があるのかないのか」 ということ自体がセラピスト間で異なってしまう。

つまり事象自体があることを証明していかないといけないのだが、

理学療法分野ではこの事象自体が存在するのかしないのか

まだまだ分かってないことが多過ぎるような気がする。


ここでようやく 『 悪魔の証明 』 についての話になるのだが、

悪魔の証明とは、リンク先の定義を見てみると


(以下、ここから引用) ---------------------------

「起きないこと」や「存在しないこと」を証明することは困難です。

なぜなら、「ある(存在する、起きる)」ことを証明するためには

一例を挙げれば良いだけなのですが、

「ない(存在しない、起きない)」ことを証明するためには、

世の中の森羅万象を調べ尽くさなければならず、それは不可能に近いからです。

ゆえに、議論の一般的ルールとして、

「ある」と主張した者が、

それを先に証明しなければならないという暗黙の了解があります。

「あなたが先に『ない』ことを証明せよ、さもなくば『ある』のだ」と主張する詭弁を

「悪魔の証明」と呼びます。

---------------------------------------

だそうです。

この論理でいくと先の話題では

セラピストAが 「関節可動域制限がある」 ということを証明しないといけない。

同時にセラピストBは安易に 「関節可動域がない」 と言ってしまってはいけない。

関節可動域制限があるということを皆さんはどうしますか?

視診で左右差があると言いますか?

角度計を当てて左右差があると言いますか?

・・・どっちも確実とは言えないような・・・というのが私の本音です。


やっぱり理学療法って難しい!

と思ってしまいますが皆さんはいかがでしょうか?

難しいことほど面白いっておもってしまうのは

ちょっと変わっているのでしょうか!?


また明日の臨床から

「あることをある」 という証明を続けていきたいなと思います。

皆さんも他のセラピストと議論する際には

悪魔の証明にならないように気を付けてくださいね☆



☆ 読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク


ぜひ興味があれば他の記事も・・・

ブログトップ ⇒ 理学療法士(PT)だって人間だもん


また 脊椎圧迫骨折に対する理学療法 に関するところも読んで頂けると幸いです。

骨粗鬆症について
 ⇒ 
骨粗鬆症性 脊椎圧迫骨折 に対する 理学療法②

脊椎圧迫骨折と治療法について
 ⇒ 
骨粗鬆症性 脊椎圧迫骨折 に対する 理学療法③

脊椎圧迫骨折の理学療法プログラム(運動)について
 ⇒ 
骨粗鬆症性 脊椎圧迫骨折 に対する 理学療法④

脊椎圧迫骨折の固定方法について
 ⇒ 
脊椎圧迫骨折に対する固定方法 体幹ギプス?コルセット?

脊椎圧迫骨折の疼痛管理の重要性について
 ⇒ 
脊椎圧迫骨折に対する理学療法 疼痛の評価が命

脊椎圧迫骨折部位の異常可動性について
 ⇒ 
脊椎圧迫骨折の骨折部位はかなり動く! それに対して体幹ギプス固定?コルセット? 

脊椎圧迫骨折の体幹ギプス固定の特徴と基本動作について
 ⇒ 
理学療法士による脊椎圧迫骨折に対する基本動作指導

脊椎圧迫骨折に対するインナーマッスルトレーニングについて
 ⇒ 
脊椎圧迫骨折に対するインナーマッスルトレーニング 『腸腰筋』『腹横筋』『骨盤底筋群』『横隔膜』『多裂筋』

軟性装具
 ⇒ 
脊椎圧迫骨折患者に対する軟性コルセットの巻き方



ブログランキングにも参加しています。

1日1回クリックして応援してくださると幸いです☆


理学療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。