理学療法士 (PT) だって 人間だもん

脊椎圧迫骨折のリハビリエビデンスや理学療法の臨床で思う治療のワンポイント、理学療法士として身に着けておくべきメンタル等、理学療法士としての思いを形に。 

「PTだって人間だもん」のブログへようこそ!

職場という閉鎖された空間だけでなく、

よりたくさんの方と意見交換できたら幸いです☆

2015年04月

スポンサードリンク



ちゃんと肺があるところで聴診してますか?

もともと医者の方が癌になった時に

『先生、夜が怖い』 と正直に思うことが

Yahooニュースになっていました。

 ⇒ 
医師から患者に 死の怖さ知る


現在の高齢者社会において、

また医療がどんどん発展していく中で、

もちろんより良く生きることを考えることは大事ですが

それと同時に 「どうやって死ぬか」 ということも

医療者は患者さんに問うていかないといけないと思っています。

もちろん理学療法士は医師ではないので

その比重は大きくないのかもしれませんが

それでもがんのリハビリテーション等、

いわゆる終末期医療にも関わるような時代ですので、

プロとしては自分なりの考えというものは持っておく必要があると思います。


私もそんなに考えている訳ではありませんが、

担当した患者さんが亡くなった話を聞くと

その患者さんはちゃんと幸せだったのかなと考えます。

間違いないことは 必ず一度は死を迎えなければならないので、

その死をより良く迎えるためには

より良く生きなければなりません。

最近、芸能人の愛川欽也さんが 『在宅死』 を選んだことも

大きなニュースになっていました。

 ⇒ 在宅死 愛川欽也さんも選択した最期の迎え方

私は 『在宅死』 がお勧めなのかどうなのかは分かりませんし、

そのひとそのひとで違うと思うのですが、

それでも 『 その人らしい最期 』 というのを

『 自分で選択 』 
できることが

一番大事なのではないかなと思っています。

『 死 』 というのは

どうしても暗くて考えたくないものというイメージが強いですが、

それが現実見のない時だからこそ少し考えてみても良いかと思います。



話は急に変わりますが、前々回から聴診について少し書きました。

音には少し慣れてきたんですが、

そもそも皆さんは聴診の正しいやり方って習いましたか?

私は学校で習ったかどうか正直覚えていませんし、

これが正しい方法というイメージがありませんでした。

教科書には①→②→・・・ってよく書いてあるんですが、

百聞は一見に如かず。

聴診のやり方を説明している動画がありましたので

ぜひ参考にしてみて下さい。

肺の聴診音 副雑音等

臨床経験二ケタ目の年になって

初めて真剣に 『呼吸理学療法』 を勉強させてもらっています.

改めて新しいことを勉強することは面白くて

とても刺激的だなあと日々実感します.

以前紹介した 『若年寄病』 にかかってらっしゃる方は

何か新しい分野に挑戦されてみるのがいいと思います!

 ⇒ 若年寄病とは : 理学療法士がかかる『感染症』



さて前回,聴診の音を少し紹介させてもらいましたが

もっとシンプルなやつもあったので再び紹介させてもらいます.


【正常呼吸音】

1.vesicular sounds : 肺胞呼吸音

2.bronchial sounds : 気管呼吸音

3.bronchovesicular sounds : 気管支肺胞呼吸音




【異常呼吸音】

1.fine crackles : 捻髪音(細)

2.coarse crackles : 水泡音(粗)

3.wheezes : 笛様音(高音性)

4.rhonchi : いびき様音(低音性)




毎日患者さんの音を聞いていると少し分かるようになってきました.

もちろん経験も大事ですけど,

しっかりと自分の中に知識なり基準となるものを準備してから

取り組まないと何があっているのか分からなくなる場合があります.


学習する場合にもちろん自分調べて学んでいくのも大事ですが,

まずは先人たちから 『真似る』 あるいは 『盗む』 ことから

始めるのが一番かと思います.

呼吸理学療法 聴診って皆さん自信ありますか?

4月も半分を過ぎて下旬に入りました.

初めての社会人の方はそろそろ初給料がもらえて

さぞかし喜んでいるのではないでしょうか?


先月は肩関節について書いてきましたが,

私も部署異動がありまして

今は対象の方がほとんど肺炎の方になりました。

なので今回からしばらく 『 呼吸 』 について書いてみたいと思います.


実は一番自信のない分野です。

経験年数はある程度経ちましたが、

呼吸に着目して介入させて頂いた症例は10例あるかないかです.

一年あたり1例いるかいないかのレベルです><

現時点で新人さんと何ら変わりないです.トホホ・・・


それが四月になってからはガツガツ,

すでに今までの経験以上に介入させて頂いているような気がします.

なので今は患者様に協力を得ながら少しでも治療効果が出るように

汗たらたらで頑張っています.


まずは何よりもまず評価ですね!

評価なくして治療などあり得ないです.

評価の基本ですが苦手意識の強い 『 聴診 』.

その音をどこで入手できるか探してみたところこれが分かりやすいような.



新人さんと一緒に私も一生懸命学んでいきたいと思います.

また 『 呼吸 』 に関するお勧めサイトや書籍がありましたら

ぜひともご指導願います!

焦りは禁物

新年度が始まって1週間ほど経ったので

少しは落ち着いてきたでしょうか。

私は正直目新しいことのラッシュで

まだまだ毎日てんてこ舞いです・・・

でもこの歳になってから新しい刺激をたくさんもらえるのは

本当にありがたいです。

本日のヤフーニュースにもなっていましたが、

慢心やおごりは必ず衰退してしまいます。

 ⇒ サムスンのおごり


新年度のstartではありますが、

1月から考えると3か月が経過しました。

新年初めに考えた思いの4分の1はできていますでしょうか?

焦りは禁物ですが、

毎日すべきことを1枚ずつ重ねていく作業が大事だと思います!

突然大きな事は成し遂げられません。

またいきなり完璧に全てできることもありません。

最初は周りに助けてもらいながら少しずつ前に進みましょう。

助けを求めないのが周りは一番困ります。

「分かりません」「助けて」としっかり声を出すことが、

一番の成長への近道だと思います。

(自分に言い聞かせています笑)

焦らずぼちぼち行きましょう!


最後に素敵な後輩が教えてくれた 『back number』 というバンドから

「ネアンデルタール人」 という歌の歌詞を少し。

私自身の応援歌として使っています。


【部分引用】

ネアンデルタール人 (back number)

なんでいつもあいつばっかりみんなに

褒められんだ?頭くんなぁ。

もって生まれてきたものに 差を感じる 不公平だ

・・・

本当はわかっているのさ

あいつの方が重ねている

やるべき事をひたすら 一枚ずつ 一枚ずつ

・・・

大器は晩成なんだよって ジュラ紀からきまっているんだよ

さあ晩成を始めよう

・・・

やること全部やって してないって顔してやろう

そしたらもう

妬んでるだけの時間を終わりにしよう


→ 全部の歌詞は こちら を




新年度の始まり

とうとう平成27年度が始まりましたね。

このブログを始めて早4か月ぐらいが経ちました。

始めた時は誰も見ないやろうと

自分の勉強のつもりで書いていたら

意外に反響を頂いてびっくりしているのが正直なところです。

ただ今でもあくまで自分の勉強のためと、

視野を広くあり続けるためにと思っております。


『 継続は力 』 と常日頃思っておりますが、

3月は1回しか更新できず恥ずかしい...


言い訳をすればきりがないのでそれはそれ。

また今日から新たな気持ちで頑張って行きたいと思います!

3日坊主も10回すれば1か月やったことになります☆ (言い訳!?笑)


新年度に入って新人さんとかが入ったり、

異動があったりと環境がいろいろ変わっているでしょうが、

理学療法士としてやるべきことは変わらないはずです。


初心忘るべからず!

患者さんの笑顔のために

プロフェッショナルとして恥ずかしくないように邁進していきたいです!
スポンサードリンク
ブログ内検索

ブログ内検索


ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

応援よろしくお願い致します!

いらなくなった専門書を高く売る


スポンサードリンク
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
livedoor プロフィール

関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション(下肢)改訂第2版 [ 整形外科リハビリテーション学会 ]

運動療法のための機能解剖学的触診技術(上肢)改訂第2版 [ 林典雄 ]

【送料無料】 運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹 改訂第2版 / 林典雄 【全集・双書】

運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学 [ 工藤慎太郎 ]

運動療法の「なぜ?」がわかる超音波解剖 [ 工藤慎太郎 ]

肩関節拘縮の評価と運動療法 [ 赤羽根良和 ]

運動療法に役立つ単純X線像の読み方 [ 浅野昭裕 ]

筋骨格系のキネシオロジー第2版 [ ドナルド・A.ニューマン ]

プロメテウス解剖学アトラス(解剖学総論/運動器系)第2版 [ ミハエル・シュンケ ]

図解関節・運動器の機能解剖 上巻

図解関節・運動器の機能解剖 下巻

運動機能障害症候群のマネジメント [ シャーリー・A.サーマン ]

運動機能障害症候群のマネジメント(続) [ シャーリー・A.サーマン ]

運動療法学第2版 [ 市橋則明 ]

【送料無料】 高齢者の機能障害に対する運動療法 運動療法学各論 / 市橋則明 【単行本】

認知症患者の摂食・嚥下リハビリテーション [ 野原幹司 ]

呼吸・心臓リハビリテーション改訂第2版 [ 高橋哲也 ]

心臓リハビリテーション [ ジャパンハートクラブ ]

心臓リハビリテーション現場で役立つtips [ ジャパンハートクラブ ]




ブログ内検索
  • ライブドアブログ