いつのまにか3月になりましたね・・・。

この前正月やったのに、

月日の流れは本当に早いものです!

4月にはどの職場でも新人さんが入ってきたり等、

環境がガラッと変わると思いますので、

今から少しずつ準備していきたいものですね。


本日は 『上腕骨の大結節を3つに分けて考えよう!』 です。


3年ほど前に参加した講習会で、講師の先生が

「 骨を眺めているといろいろなことがわかって面白い! 」

とおっしゃっていたいのが印象に残っています。

その意味が分かりやすい一例が大結節の形だと思います。

上腕骨の形態

上腕骨近位端に、

「大結節」「小結節」「結節間溝」があるのは学校で習いました。

臨床上も非常に重要なランドマークですね。

みなさんはちゃんとこの3つを触診できますか?


恥ずかしながら未だに私は自信ありません><

パッと触った烏口突起を小結節と間違いたり・・・

かなり集中力が必要ですね!

本当に 「分かる」 と 「できる」 の違いは大きい!


触診の本を見ると、

まずは烏口突起の先端を探し、同じ高さにあるのをイメージする。

肘を45度曲げて上腕二頭筋を触知して、そこから近位へと追っていく。

結節間溝を見つけたらその前後の結節を見つける。

とされています。


ここまででも簡単そうで難しい。

ただ今日の本題は 大結節を3つにわけること です。

大結節を3つに分ける理由は

 上面 superior facet : 棘上筋の停止

 中面 middle facet : 棘下筋の停止

 下面 inferior facet : 小円筋の停止

と 付着する筋肉が違うから! です。


学校では全ての筋の停止が大結節とならいませんでしたか?

確かに間違いではないのですが、

理学療法の質を上げるためにはこの3つは細分化しておく必要があります!

実際に骨を眺めるとちゃんと3つに分けられそうで、

隆起している向きも全く異なってますね。

ぜひこの違いを知っておいて触診技術を向上させましょう☆

触診の向上はそのまま治療技術の向上につながるはずです!

また正確な圧痛所見は問題点を明確化します!

研鑽研鑽!