理学療法士 (PT) だって 人間だもん

脊椎圧迫骨折のリハビリエビデンスや理学療法の臨床で思う治療のワンポイント、理学療法士として身に着けておくべきメンタル等、理学療法士としての思いを形に。 

「PTだって人間だもん」のブログへようこそ!

職場という閉鎖された空間だけでなく、

よりたくさんの方と意見交換できたら幸いです☆
スポンサードリンク



呼吸理学療法 まずはこのイメージを持とう!

前回までは 『血液ガスデータ』 について書きました。

数式が出てきたり、化学反応が出てきたりと

非常にとっつきにくいところではありますが

理解できるとすごい自信につながるところなので負けないで頑張りましょう☆

ただ今から勉強しようと思っている方は

必ず今日の記事を先に全部読んでから、

その方が理解が深まると思います!



本日は 昨日も少し書きましたが、

私がこの半年で一番、「目から鱗が落ちた点」 について書きたいと思います。


私は理系人間なので論理とか科学的根拠とか大好きなんですが、

一方で漠然とした 「イメージ」 が非常に大事だと思っています!


運動器疾患の理学療法は比較的イメージが沸きやすいので

新人さん含め何となく興味を持ちやすい印象があります。


一方で呼吸理学療法のイメージって皆さんはどのようなものをお持ちですか?

私は呼吸理学療法と聞くと、

「早期離床」 「呼吸介助手技」 「ポジショニング」

「バケツのとって様とかポンプ様の動き」

「肺痰」 「無気肺」 「肺炎」 「人工呼吸器」 「聴診」

とかいう言葉がパッと浮かんできます。

呼吸療法認定士の資格をとるため、ある程度勉強もしました。

なので呼吸理学療法のイメージが全くないわけではありませんでした。


ですが今一つ呼吸理学療法というものが捉えられていませんでした。

今考えるとその理由は

呼吸介助等で胸郭をいじったら何が良くなるか

無気肺ってほんまに治せるのか

等々、

呼吸理学療法の治療目標や具体的な効果

が明確になっていなかったからだと思います。

胸郭を触りながら実際に肺がどうなっているのかというイメージ

沸きにくかったんですね。

訳も分からず呼吸介助したりしてました ><


それを変えてくれたのが、

ある理学療法士の先生が無気肺を一回の理学療法で

治療した動画を見たことでした。

この無気肺が治るといいますか、

「肺が広がる」 っていうイメージが皆様にはありますか?

このイメージを持つことが呼吸理学療法を始める一番最初にやるべきことだと

今はすごく思います。

というか学校でここをまず教えて欲しかった!!!

胸郭の介助方法とか、聴診の仕方とか、そんなものは後から。

解剖学で気管の分岐とか、排痰ポジションとか、気管支体操とか・・・

そんなんもあと!あと!


↓↓ まずはこのイメージを!!! ↓↓



これは動物の肺に空気を入れて実際に膨らませているところです。

虚脱してどす黒い肺が次第にきれいな肌色になってます。


肺は風船で理解するように説明されることが多々ありますが、

あの風船イメージは非常に中途半端だと思います。

実際の肺の動きをイメージする!!

呼吸理学療法を理解するための第1歩は

この動画イメージを持つことだと私個人的には思います。


しつこいですが非常に重要だと思いますので似たような動画をもう一つ。

1分30秒ぐらいの動きは肺胞が広がるイメージを持つのにピッタリです!




少しでも皆様の呼吸理学療法の理解が深まればと思います!

またぜひ新人さんにこの動画を見せてあげて下さいね。

ジャンプする前に必ずしゃがむように

今年度が始まって半年以上が過ぎました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は 「継続は力」 と言いながら、7月にブログを更新してから

少し期間が開いてしまいました。。。


この期間特別忙しかった訳ではないのですが、

一番の理由としては

自分がちゃんと理解していないことは人に伝えられない

ということだと思います。


今年度から少し環境が変わって 「呼吸」 というものをテーマに

書きだしたのですが、やはり付け焼刃・・・

自分の納得できる内容が書けませんでした。


・・・言い訳するときりがありませんね。

『 ジャンプする前は必ずしゃがむように、飛躍する前も必ず落ち込み悩む 

この半年悩み続けてようやく少し開けてきた気がしますので、

それをまた少しずつ書いて行ければいいなと思います。


早速明日はこの半年で一番

呼吸についての目から鱗だった点を書きたいと思います。

そのアシドーシスは代償性?非代償性?

血液ガスは、

① 肺胞換気 (換気障害)

② 酸素化 (酸素化障害)

③ 酸素運搬機能

の3つの生理学的プロセスについて有用な情報を提供してくれるということで

理学療法士が理解しておいた方が良いことについて少しずつ書いています。


ヒトが生きていくためには pH を調整することが必須です。

そのために PaCO2 と HCO3- を調整することで対応しています。

「二つの値が決まればpHは決まる!」

その二つの値をコントロールしているのが 『 肺 』 と 『 腎臓 』 

・・・ということを前々回書きました。


そして前回は具体的に数値を見て

「アシドーシス」 と 「アルカローシス」 に分け

それが 「呼吸性」 か 「代謝性」 か考えるところまでやりました。


本日は、前回の続き

ステップ3: 代償しているかどうかを知る

です。


これも前回の図を用いれば非常に簡単!

実際に見てみましょう。

血液ガスの見方 代償①


まずは 「非代償性」 か 「代償性」 かの分類です。

難しくありません、pHが正常値かどうかのみです。

上に挙げた4つの例では全てにおいてpH値が正常値から逸脱しています。

よって非代償性(一部代償性も含まれる)。

そう判断したらその後は前回同様、

アシドーシスやアルカローシスが

PaCO2 or HCO3- のどちらによって引き起こされているか

を考えるだけです。

簡単ですよね。


以下に代償性のものを挙げます。

ちなみに代償性というのは

呼吸性か代謝性の病変が起きてpH値に異常が生じた際に

それを正常化するために体が反応することです。

例えばPaCO2が上昇しpHが低下した場合、

体はHCO3-を上昇させてpHを上げようとします。

この場合、呼吸性の問題でpHが低下し

代償作用によってHCO3-が上昇したといえます。


しっかりと代償できればpHが正常となります。

よってアシドーシスでもアルカローシスでもないんですが、

PaCO2とHCO3-の値が正常値から逸脱していますので

本当はpHが異常値を示していたが、

今の瞬間は正常に戻っていると考えます。

よってもう一度pH値を見て

どちらかというと アシドーシス傾向 アルカローシス傾向 というのに分けます。

その際、pH値が7.40より小さいか大きいかに分類します。

図で言うと矢印がどちらの方向を向きかけているかですね。
血液ガスの見方 代償②


非代償性 と 代償性 に分類してきましたが

その理由としては 急性期なのか慢性期なのかを 判断するためです。

つまりすぐに治療が必要かどうかとういことです。


私達は医者ではありませんのでまずは数値を見慣れることを目標に

以上のように説明させてもらいました。

私達が数値を見て緊急的に何かをすることはありませんが、

患者さんの状態を把握するためには知っておいて損はありません。

またCO2のたまり具合等は理学療法介入目的の選択に影響します。

少しでもよりより理学療法が提供できるように、

理学療法士が切磋琢磨していきましょう!

私も自分のできる範囲で貢献したいと思います。
スポンサードリンク
ブログ内検索

ブログ内検索


ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

応援よろしくお願い致します!

いらなくなった専門書を高く売る


スポンサードリンク
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
livedoor プロフィール

関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション(下肢)改訂第2版 [ 整形外科リハビリテーション学会 ]

運動療法のための機能解剖学的触診技術(上肢)改訂第2版 [ 林典雄 ]

【送料無料】 運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹 改訂第2版 / 林典雄 【全集・双書】

運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学 [ 工藤慎太郎 ]

運動療法の「なぜ?」がわかる超音波解剖 [ 工藤慎太郎 ]

肩関節拘縮の評価と運動療法 [ 赤羽根良和 ]

運動療法に役立つ単純X線像の読み方 [ 浅野昭裕 ]

筋骨格系のキネシオロジー第2版 [ ドナルド・A.ニューマン ]

プロメテウス解剖学アトラス(解剖学総論/運動器系)第2版 [ ミハエル・シュンケ ]

図解関節・運動器の機能解剖 上巻

図解関節・運動器の機能解剖 下巻

運動機能障害症候群のマネジメント [ シャーリー・A.サーマン ]

運動機能障害症候群のマネジメント(続) [ シャーリー・A.サーマン ]

運動療法学第2版 [ 市橋則明 ]

【送料無料】 高齢者の機能障害に対する運動療法 運動療法学各論 / 市橋則明 【単行本】

認知症患者の摂食・嚥下リハビリテーション [ 野原幹司 ]

呼吸・心臓リハビリテーション改訂第2版 [ 高橋哲也 ]

心臓リハビリテーション [ ジャパンハートクラブ ]

心臓リハビリテーション現場で役立つtips [ ジャパンハートクラブ ]




ブログ内検索
  • ライブドアブログ