理学療法士 (PT) だって 人間だもん

脊椎圧迫骨折のリハビリエビデンスや理学療法の臨床で思う治療のワンポイント、理学療法士として身に着けておくべきメンタル等、理学療法士としての思いを形に。 

「PTだって人間だもん」のブログへようこそ!

職場という閉鎖された空間だけでなく、

よりたくさんの方と意見交換できたら幸いです☆
スポンサードリンク



他人の期待に応えない勇気を

とうとう12月、師走に入りましたね。

今年は雪不足でスキー場が困っているというニュースを

ついこの間まで見てましたが、

寒さはしっかり冬の様子になって顔がひりひり痛いぐらいです。

寒暖の差に皆様はやられず体調は大丈夫ですか?

自分が元気でないと人様を元気にできないので、

くれぐれも体調に気をつけて下さいね。



本日はちょっと理学療法を離れてメンタル的な所を。


「他人の期待に応えない勇気を」


唐突ですが皆様は自分に納得してますか? 自分が好きですか?

自分のことが好きになれなくて・・・

という言葉を聞くことがあります。

周りが 素敵だよ と言っても

本人は 自信ない・・・ と答える。


自分に自信がないことってよくありますよね。

何かに失敗した時、傷ついた時はなおさら。

自分に価値なんかあるのかなあーって。


そんな時は少し長めに寝るんです。

そして 自分を好きになろうとするんじゃなくて

好きな自分作りをまた始めよう!

って起きるときに思うんです。


以前にも書きましたが、

情報は変わりませんが自分は日々変わっています。

⇒ 変わらない『鐘の声』 と 変わりゆく『自分』

寝る前の『自分』 と 起きた後の『自分』 は

同じではありません。

脳は同じと認識するように努めますが、

髪や爪は少し伸びて、皮膚は新しくできている部分がある。

さっきまでの『自分』と今の『自分』は確実に変わっています!


好きになれない自分を好きになることは難しいです。

だって好きになれない理由があるから好きじゃないんだから。

だったら好きになれるような 『自分』 に変えてしまえばいい。


急に明るく振る舞ったり、

急に髪型を思いっきり変えたり、

そんなことをすると周りは必ず茶々を入れてきます。


けど 『周りの期待に応える必要は全くありません!』

自分がなりたいような自分を演じればいい。

あなたの周りはあなたが思うほどあなたのことを考えていません。

だってみんな自分に自信がなくて

自分のことを考えるのでいっぱいいっぱいだから 笑


今の自分に自信が好きでなくて、自信がない時は

ちょっと自分を変えてみませんか?

洋服の組み合わせでも髪型でもちょっとしたことでOK。

今日の自分を生きましょう☆

手掌振動(ラトリング)

前回は肺に痰がある様子のイメージ作りを書きました。

 ⇒ 
肺理学療法 肺に痰があるってどんな状態?

今回は 手掌振動 (ラトリング) について書いてみたいと思います。


皆さんはそもそも 「ラトリング」 という言葉を聞いたことがありますか?

私は呼吸器の研修会で聞いたことはありましたが、

学校の授業で習った記憶はありません。


もともとの意味は、

ラトリング 
rattling

【形容詞】 1 ガタガタ(ガラガラ)鳴る. 2 活発な,元気な; 速い.

だそうで、

理学療法士や看護師が 「ラトリング」 という場合には、

「胸郭を触れて痰などの分泌物が呼吸により振動として触知できるもの」

を指しています。


呼吸理学療法というと 「排痰」 のイメージが強く、

痰の位置を確認するために聴診が大事な訳ですが、

聴診は慣れるまで取っつきにくいイメージがありますし、

人によって表現が違って難しい印象もあります。

 ⇒ 呼吸理学療法 聴診って皆さん自信ありますか?


一方 「ラトリング」 は非常に分かりやすい。

痰がよく出るという方、肺炎の急性期の方の胸郭を触れてみて下さい。

痰がある時は 「手掌振動(ラトリング)」 として明らかに分かります。


まずはこの 「ラトリング」 を感じる経験をすることが

有効な排痰方法、あるいは呼吸介助等の理学療法につながる

第一歩だと思います。


そして 「ラトリング」 を感じることができたら

離床研究会のQ and Aを紹介している こちら(外部サイト) をご参照下さい。

臨床に即した非常に分かりやすい回答だと思います。


呼吸器関連の障害で困っている患者さんが

少しでも active になれますように。

肺理学療法 肺に痰があるってどんな状態?

↓ 前置きがえらい長くなったのでめんどくさい人は飛ばして下さい ↓


〇 Take action!  More active!

唐突ですが、サッカーの長友選手がまたインテルで活躍されていますね。

一時期は構想外にされていたにもかかわらず、

今は確固たる地位をまた確立している。

普通ならある程度年齢を重ねると自分のピークは過ぎてしまって

若い選手もたくさん出てくるし仕方ないと思ったり、

あるいは自分を出してくれない監督のせいにしたりする場合も。

しかし長友選手は腐らず驕らず謙虚に努力を重ねたそうで。


2015年10月31日 本人談

「ここ何カ月か試合に出れない中で自分の長所と短所をしっかり見つめ直して、

 それを徹底的に練習から120パーセントやっていたんで、

 それが今のコンディションにつながっていると思う」

「努力をいかに続けられるかが一番大事。こうやってチャンスが来た時に

 つかめるかどうかというのも、その努力をしたかどうかが一番大事だと思う」

「ピンチはチャンスじゃないですけれど、ホントに大きなピッグチャンス

 だと思ってやっている」

有言実行、本当にperfectですね!


ただ私が思うことを少し付け加えると

「無駄になる努力はないけれど、報われない努力は存在する。」

結果を出すことは重要だが、全員が長友選手みたいにスーパースターじゃないし

全員が思ったところで結果を出せるわけではないと思います。

ただその結果は違うところで必ず出ると思います。

サッカーのための体作りがサッカーでは成功しなかったけど

次の仕事での体力に繋がって、その仕事が成功するとか。


ただ成功するためには必ず 「継続する努力」 と踏み出す 「一歩」 が必要。

目の前にちょっと心配だけどやってみたいな、と思ったら

自分を信じて足を一歩踏み出してみる!

失敗して元の道には戻れないかもしれないけど

必ず出した 「一歩」 は次の 「一歩」 につながって必ず 「道」 になる!

やらなかった後悔よりもやって後悔する方が絶対いい!!

Take action! More active!

後悔のない 「今」 をお過ごしください。

・・・年末・年始に同じような内容を書いていたので興味ある方は・・・

変わらない『鐘の声』 と 変わりゆく『自分』  最初の一歩




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

↓ ここからが本題 ↓


〇痰がつまっている様子をイメージしよう!

前回は肺の広がる様子を紹介しました。

今回は肺の障害についてイメージを捉えたいと思います。


皆さんは呼吸の勉強をする際に何から勉強したでしょうか?

私は呼吸療法認定士の資格を取るために

講習会のテキストで勉強したのですが、

どんな教科書でも最初に出てくるのって何でしょうか?

大概が 解剖 じゃないでしょうか?

第1章:解剖学 第2章:生理学 第3章:運動学・・・みたいな。


理学療法士はこの3つが基礎なんでもちろん大事なのは分かります。

ただ眠たい・・・よく分からない・・・とりあえずまた今度・・・みたいな!?

また次に教科書の最初から読みだすから進まない・・・



大事なのは最初から隅々まで理解することではなくて

共有すべき 「イメージ」 あるいは 「全体像」 を

つかむということだと思います。

講習会が分かりやすいのは key point を抽出して

大事なところだけをイメージして分かりやすいように説明してくれるから。

あとは講師の先生が体験した上で話をしてくれるから。


今回は 気管支は23回分岐するんや とか

肺胞表面積はテニスコートぐらいになるんや とかは

おいといて、

気管・気管支自体がどうなっているかを目で見てみましょう!


【正常の方の気管・気管支】



動画の最初の方にもありますが

声帯が動いている様子が非常に面白かったです。



今度は私達が対象とする肺に障害がある方のイメージ作りをしましょう。

下の動画は嚢胞性線維症の患者さんの内視鏡の様子です。

嚢胞性線維症 がどのような病気かは置いておいて、

痰がところどころ貯留している様子や、

肺胞内の組織が正常と異なる様子が見て分かります。

私達が対象としている患者さんも全く同じではないけれど

このような様子になっていると想像してみはどうでしょうか?




ここに物が詰まったらどうなっているのか?

あるいはそれを喀出するとはどういうことか?

ここでは気管支鏡で物理的に除去していますが、

理学療法士が直接掴んで出すことはできないので

呼吸介助や咳嗽を促すことで呼気流速を高めて吹き飛ばすんですね。

そのイメージを作りましょう☆


【気管につまったピーナッツを除去する様子】



ピーナッツは乳幼児とかが詰まると大変なことになるってよく聞きますよね。

こちら で紹介されています。

絶対3歳ぐらいまではピーナッツを食べさせないで下さいね☆


【乾いた痰がつまったらこんな感じ?】




この動画を見たらいかに加湿が重要かが分かりますね。

患者さんの口腔内に痰が湿気を失って固まっている場合がありますが、

気管の中も湿気を失うとこんな感じなんでしょうね。

この状態で呼吸介助してもそりゃ出て来ないですわね。


複合的に呼吸理学療法について考える。

いかがでしたでしょうか?

少しでも理論立ててアプローチすることにつながればいいなと思います。

長文に付き合ってくださった方ありがとうございました!

Today is the first day of the rest of your life☆
スポンサードリンク
ブログ内検索

ブログ内検索


ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

応援よろしくお願い致します!

いらなくなった専門書を高く売る


スポンサードリンク
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
livedoor プロフィール

関節機能解剖学に基づく整形外科運動療法ナビゲーション(下肢)改訂第2版 [ 整形外科リハビリテーション学会 ]

運動療法のための機能解剖学的触診技術(上肢)改訂第2版 [ 林典雄 ]

【送料無料】 運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹 改訂第2版 / 林典雄 【全集・双書】

運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学 [ 工藤慎太郎 ]

運動療法の「なぜ?」がわかる超音波解剖 [ 工藤慎太郎 ]

肩関節拘縮の評価と運動療法 [ 赤羽根良和 ]

運動療法に役立つ単純X線像の読み方 [ 浅野昭裕 ]

筋骨格系のキネシオロジー第2版 [ ドナルド・A.ニューマン ]

プロメテウス解剖学アトラス(解剖学総論/運動器系)第2版 [ ミハエル・シュンケ ]

図解関節・運動器の機能解剖 上巻

図解関節・運動器の機能解剖 下巻

運動機能障害症候群のマネジメント [ シャーリー・A.サーマン ]

運動機能障害症候群のマネジメント(続) [ シャーリー・A.サーマン ]

運動療法学第2版 [ 市橋則明 ]

【送料無料】 高齢者の機能障害に対する運動療法 運動療法学各論 / 市橋則明 【単行本】

認知症患者の摂食・嚥下リハビリテーション [ 野原幹司 ]

呼吸・心臓リハビリテーション改訂第2版 [ 高橋哲也 ]

心臓リハビリテーション [ ジャパンハートクラブ ]

心臓リハビリテーション現場で役立つtips [ ジャパンハートクラブ ]




ブログ内検索
  • ライブドアブログ